社交ダンス&合唱を愛する猫のブログ ~ by 気ままな猫 ~

東京で社交ダンスを踊ったり、合唱や楽器で音楽を楽しんでいます。

社交ダンスのパートナーと恋愛感情の関係は?

f:id:neko-sirakawa:20190723215920j:plain


「社交ダンスが趣味です」とは、なかなか言いづらいのが日本と言う国ですよね。男女が手を取って踊るものだからか、どうしても好奇の目で見られることがあります。

 

ダンスパートナーと毎日練習している、と言う事実だけで、その人とお付き合いしているんですか、と聞かれることも多いでしょう。

 

社交ダンスには競技としての側面があり、競技に没頭し、上を目指しているのであれば恋愛ではなく同士としての感情が強いでしょう。そこは、卓球やテニスのミックスダブルスと同じ考え方です。

 

なにはともあれ、無知というものが、こういった偏った考え方を持ってしまう原因です。

 

ここらで、少しだけ社交ダンスのことを知ってみませんか?

 

f:id:neko-sirakawa:20181123234118j:plain

社交ダンスとは何か

起源はヨーロッパで、14世紀頃、民衆が踊っていたラウンドダンスが始まりです。17世紀になって、宮廷にも取り入れられ、男女1対になってホールドして踊るワルツ(ウインナワルツ)へ発展しました。これが、現代の社交ダンスの形に近いものです。その後、また産業革命を経て、現在のスタンダード種目と同じようなダンスになったようです。出会いの場でもあったことは違いないと思いますが、始まりは日々を楽しく過ごすための娯楽だったのではないでしょうか。

 

パートナーとは何か

社交ダンスでは、一緒に踊る男性をリーダー、女性をパートナーと呼びます。また、社交ダンスにはパーティーで踊るダンスと、競技会で踊るダンスがあります。パーティーダンスは相手が変わっても、即興で踊れるもの。競技ダンスは、審査員からチェック(得点)をもらう為に、固定のリーダー、パートナーと練習を重ねて挑むものです。よく「毎日、一緒に練習しています」と聞くのは競技ダンスの方ですね。

 

恋愛感情に発展しないのか

競技ダンスのパートナーは、どちらかといえば戦友のようなものです。毎日、審査員からチェックを貰う為に技術を磨き、大会で1つでも上の順位を目指す。

オリンピックなどでメダルを貰う為に練習しているアスリートと同じですね。卓球やテニスにもミックスダブルスという種目があるでしょう。

確かに、一緒に練習していく中で、競技以外にもプライベートで交流を持つことや、その人の性格など内面を好きになって恋愛に発展することもあるでしょう。

しかし、それは二の次の話です。

逆に、パーティーダンスの場合は、出会いの場と言うこともあるでしょうから、恋愛感情に発展することも普通にあるでしょうね。

f:id:neko-sirakawa:20190723215949j:plain

まとめ

どういった環境で、どういった目的で踊っているかで、真実はだいぶ変わってきそうですね。とはいえ、日本の男女は、そもそも触れ合うことに慣れていません。その環境で、男女で触れ合う社交ダンスと言うのは、恋愛に発展、勘違いしやすいのでしょう。

ともあれ、社交ダンスとはこういうものだと、知っている事で、誤解や勘違いを無くせるのではないでしょうか?